司法協会など検証へ=公益法人仕分け最終日―刷新会議(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は25日午前、公益法人などを対象とした事業仕分け第2弾の後半戦4日目の作業に入る。最終日となる同日は、裁判所内で記録文書のコピー業務を請け負う司法協会(法務省所管)など13法人の14事業を検証する。
 午前中は司法協会のほか、標識設置など林道の交通安全管理に取り組む林道安全協会(農林水産省所管)、国の指定機関として木材の価格調査などを実施している日本森林林業振興会(同)と日本森林技術協会(同)を取り上げる。
 また、法務省所管の矯正協会が独占的に引き受けている刑務所内の物品販売や受刑者に対して家具などの製造を委託している業務について、適正かどうかを議論する。 

【関連ニュース】
事業仕分けの結果(24日)
許認可、資格制度で議論紛糾=公益法人関与の意義不明確
事業委託、天下り法人は除外=枝野行政刷新相
報告書データ、行政資料を引用=魚類繁殖場調査は廃止
資格講習ビジネスにメス=事業独占で資産積み上げ

市民団体が上申書提出 小沢氏の陸山会事件 (産経新聞)
子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
ナタリー・ポートマンが噂のバレエダンサーとキス!
ケータイ圏外だと「嫁も孫も来ない」 総務省が「地方の悩み」報告書(産経新聞)
来月4日にも制限解除=宮崎県えびの市圏域―口蹄疫問題(時事通信)
[PR]
by ky6weoprlq | 2010-06-01 20:06