参加目標は10万人規模=25日の普天間県内移設反対集会−沖縄(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、読谷村で25日に開催する県民大会の実行委員会は6日、結成総会を開き、経済団体や労組、市民団体などに呼び掛け、県内移設に反対する10万人規模の集会を目指すことを決めた。
 県民大会の代表5人のうち、高嶺善伸県議会議長と翁長雄志那覇市長、大城節子県婦人会連合会会長の3人が6日までに就任したことや、集会後に代表者らが東京で政府に要請行動することなどが報告された。
 あいさつした高嶺議長は、参加の態度を保留している仲井真弘多知事について、「参加を呼び掛けたい。県内移設にレッドカードを突き付けよう」と決意表明。翁長市長は「市がバスを借り上げて会場と往復し、多くの市民が参加できるよう取り組む。集会を成功させたい」と述べた。 

【関連ニュース】
郵政見直し、「WTO違反の可能性」=官房長官らに書簡
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加
普天間移設「極力県外に」=政権批判強まれば進退考慮も
「鳩山政権に怒り」「基地は戦争生む」=ホワイトビーチ案反対で集会
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判

<民主>2次公認・推薦候補を発表(毎日新聞)
長妻厚労相、審議会に陳謝=派遣法案修正で抗議受け(時事通信)
<大阪地裁>小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で(毎日新聞)
若林氏辞職 自民党内からも厳しい声、与野党そろって批判(産経新聞)
警察庁長官狙撃 延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)
[PR]
by ky6weoprlq | 2010-04-06 23:41