橋下知事の伊丹空港廃止構想、府議会も決議へ(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事が唱える大阪(伊丹)空港の廃止構想に絡み、大阪府議会の自民党(38人)、公明党(23人)の両会派は19日、「中長期的な伊丹廃港を考える」とした決議案を24日の本会議に共同提案することで合意した。

 府議会(112人)の過半数を確保し、可決の見通し。橋下知事と府議会が将来の廃港検討に踏み込む形となり、関西、神戸を含めた関西3空港の在り方に一石を投じることになりそうだ。

 合意したのは、「関西国際空港のハブ化の実現を求める決議」案。本文中で、関空への交通手段の大幅な改善が実現されることを前提に、中長期的な伊丹廃港を検討すべきだとしている。

 「伊丹廃港決議」を巡っては、橋下知事に近い自民党・維新の会(6人)が原案を提示したのに対し、自民、公明、民主、共産各党がそれぞれ独自の対案を出す異例の事態となり、各会派間で駆け引きが続いていた。

外国人介護士受け入れに意欲=鳩山首相(時事通信)
岡田外相の核発言を批判=共産・小池氏(時事通信)
和歌山・白浜町長選、同じ顔ぶれが出馬 出直し選10日後にまた告示(産経新聞)
暴力追放運動リーダー宅に発砲、工藤会関与か(読売新聞)
春を告げる炎、「伊豆富士」大室山で山焼き(読売新聞)
[PR]
by ky6weoprlq | 2010-03-19 18:14